Absinthe アブサン

アブサンは、ニガヨモギの花と葉、グリーンアニス、スイートフェンネル、その他の薬用・食用のハーブを含むいくつかの植物から得られるアニス風味の蒸留酒である。

歴史的に高アルコール 蒸留酒 として知られており、45-90%の度数となっている。

伝統的には自然の緑の色を持っているが無色のものもある。歴史的な文献では一般に「緑の妖精(la fée verte)」と呼ばれている。

また、伝統的に高アルコール度数で瓶詰めされるが、通常は水で薄めて飲まれる。

 

アブサンは18世紀後半にスイスのヌーシャテル州で誕生し、その後に19世紀末から20世紀初頭の フランス で、パリの芸術家や作家の間でアルコール飲料として人気を博するようになる。

 

アブサンはしばしば危険な中毒性のある精神薬物、幻覚剤として描かれてきた。

蒸留 に微量に含まれる化学物質ツヨンが、その有害な作用の原因とされた。

 

1915年まで、アブサンはアメリカフランス、オランダ、ベルギー、スイス、オーストリアハンガリーなどヨーロッパの多くの国で禁止されたが、1981年にWHOが飲食物に含まれるツヨン許容量を定め、10PPM以下とし、その許容範囲内で各国がアブサンを生産するようになる。

21世紀初頭には、フランス、スイス、オーストリア、ドイツ、オランダ、スペイン、チェコ共和国を筆頭に、12カ国で200近い銘柄のアブサンが生産されている。

 

尚、EUでは未だにアブサンの製法規定が定まっていないが、EU非加盟のスイスでは定義されている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→