Amaro アマーロ

アマーロ(イタリア語で「苦い」の意)はイタリアのハーブリキュールで、食後酒としてよく飲まれる。

強い苦味と甘味があり、アルコール度数は16%から40%である。

同様のリキュールは伝統的にヨーロッパ各地で生産されていて、ドイツ(Kräuterlikörと呼ばれる)、ハンガリー、オランダ、フランスに同様のがある。(アマーロという言葉は、こののイタリア産のものにのみ適用される。)

 

ハーブや根、花、樹皮、柑橘類などを中性スピリッツやアルコールに漬け込み、その液体にシュガーシロップを混ぜ、樽や瓶の中で熟成させて作るのがアマーロの一般的な製造方法である。

製法・調合により色合いは淡い茶色から焦げ茶色まで、甘み苦味のバランスも様々である。

数十種類が市販されており、代表的な造り手は、アヴェルナ、ラマゾッティ、ルカーノ、モンテネグロなどである。

 

多くの瓶詰め業者は、そのレシピや製造方法を19世紀にまで遡ることができる。レシピの起源は修道院や薬局にあることが多い。

アマーロは通常、ストレートで飲まれ、時には柑橘類のくし形切りを添えて飲まれる。また、氷を入れたり、トニックウォーターで割って飲むこともある。

 

アマーロは数種類の(時には数十種類の)ハーブや根菜類で味付けされる。

生産者の中には、ボトルのラベルに原材料を詳しく記載しているところもある。

風味付けに使われるハーブには、以下のようなものがある。

リンドウ、アンジェリカ、カルドゥーン、キナ(中国)、レモンバーム(メリッサ)、レモンバーベナ(セドリナ)、ジュニパー、アニス、フェンネル、ゼドアリー、ジンジャー、ミント、タイム、セージ、ベイローレル、シトラスピール、リコリス、シナモン、メンソール、カルダモン、サフラン、ルー、ヨモギ(アセンシオ)、ニワトコ(サンブコ)等。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→