Baden バーデン

バーデン(Baden)は、ドイツで3番目に大きな生産地域で、殆どが辛口を生産している。

 

白赤比率は6:4、シュペートブルグンダーが栽培面積の33%を占める。

南北に長い生産地域のため、北部と南部で栽培されるブドウ品種は若干分かれている。

北部》

シュペートブルグンダー と リースリング

南部》

ブルグンダー系中心

 

ベライヒ は9つあり、主要なものは以下の通り。

《ブライスガウbreisgau》

黒い森と呼ばれるシュヴァルツヴァルトのふもとに畑が広がる

有力醸造所は、ベルンハルト・フーバー醸造所がある

 

《カイザーシュトウールkaisersthuhl》

シュペートブルグンダーが有名

 

《マルクグレーフラーラントMarkgräflerland 》

特産品種グートエデルはスイスではシャスラ又はフォンダンと呼ばれる

 

1970年代末、フランス国境に接しているためアルザスの食文化の影響を受け《料理を引き立てるワイン》を目指す生産者が登場する。

1980年代後半に醸造協同組合から独立して高品質なワインが登場、近年は醸造協同組合の吸収合併が進んでいる。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→