Beaune ボーヌ

ボーヌ(仏:Beaune)フランスの東部にあるブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏、コート=ドール県の中心都市。旧市街にはゴシックやルネサンスの館が並ぶ美しい古都でもある。

人口は約2万人、面積は31.5平方キロメートル、コート・ドール(黄金の丘)と呼ばれるブドウ畑が続く丘陵地帯。

ブルゴーニュワインの集積地であり、大手ネゴシアンの本拠地も数多くある。


歴史的建造物には1443年に建てられたオスピス・ド・ボーヌ(慈善病院)があり、貧しい人々のための慈善病院として設立され、病院の運営費は所有するブドウ畑から生まれたワインの売り上げでまかなわれてきた。これが好評を得る形でワインの競売会につながった。

オスピスドボーヌの競売会は、その年のワインの評価を決めるほどの影響力を持つとされるが、現在は金のにおいの強いワインの一大イベントとだとの声も強い。

 

11月の第3週末にはフランスで最も有名なワイン祭り「栄光の3日間」が行われる。

また、町のワイン博物館はブルゴーニュワインの歴史やワインづくりに関するさまざまな道具が展示されている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→