Beychevelle シャトー・ベイシュヴェル

シャトー べイシュベルは(仏語表記:Château Beychevelle)は、サンジュリアン(Saint-Julien)地区の シャトー。

1855年に行われた メドック の格付けで4級に分類された。

セカンドワインとしては「アミラル・ド・ベイシュヴィル」(Amiral de Beychevelle) がある。

ブドウ栽培面積は90haであり、ブドウの栽培比率はカベルネ・ソーヴィニヨン:52%、メルロー:40%、カベルネ・フラン:5%、プチ・ヴェルド:3%となっている。

16世紀にこの城に住んでいたフランス海軍提督エペルノン公爵に敬意を払い、ジロンド河を通る船はこの城の前では「ベッセ ヴォワール(帆を下げよ)」と叫び、帆を下げて通ったことがシャトー・ベイシュヴェルの名前の由来である。

そのためシャトー・ベイシュヴェルのラベルには「帆を半分下げた船」が描かれている。

 

17世紀中頃にはワイン造りが始められていたという歴史あるシャトーだが、フランス革命時の混乱から一時期品質が低迷し、1855年の格付けの際には4級という低い評価い留まった。

その後の努力により、「格付け2級にふさわしい」と言われるまで品質が向上した。

1989年からはサントリーとフランスの大手ネゴシアン、グループ・カステルによるジョイントベンチャー「グラン・ミレジム・ド・フランス(GMF)」が経営を行っている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→