Calabria カラブリア州

カラブリア州(Calabria)は、南イタリアの州である。北はバジリカータ州、東はタラント湾、南はイオニア海、南西はシチリア島と隔てるメッシーナ海峡、西はティレニア海に面している。州都はカタンザーロ。カラブリアはイタリア半島の「つま先」に位置する。

192,565ヘクタールのポリーノ国立公園は、国内最大の国立公園であり、世界でも50位以内にランクされている。

 

古代、カラブリアはエノトリア(古代ギリシャ語で「ワインの地」の意)と呼ばれていた。

カラブリア地方のブドウは、オエノトリア人によって最初に栽培され、その後、古代ギリシャ人によって栽培されるようになった。

今日でも多くの生産者は、3000年前から存在する地元の古代ブドウ品種を栽培している。

 

ワインの特徴

重要なブドウ品種は、黒ブドウのガリオッポと白ブドウのグレコである。

この地域のワイン生産量の90%以上が赤ワインで、その多くがガリオッポから造られている。

DOCワインで最も有名なのは、チロ(クロトーネ県)とドニチ(コセンツァ県)である。

DOCGはないが、カラブリアには12のIGT指定がある。

品種としては、

白ブドウはグレーコ・ビアンコ、マルヴァジア・ビアンカが代表的な品種である。

黒ブドウは、ガリオッポ、グレーコ・ネーロ、ネレッロ・マスカレーゼである。ガリオッポがこの州では最も多く栽培されており、グレーコ・ネーロはガリオッポとしばしばブレンドされる。

 

料理

料理は典型的な南イタリアの地中海料理で、肉料理(豚、羊、山羊)、野菜(特に茄子)、魚がバランスよく使われている。

カラブリアでは、(中央イタリアや南イタリアの他の地域と同様に)パスタも非常に重要である。

カラブリア人は伝統的に食材の保存に重きを置いており、野菜や肉をオリーブオイルで保存する。

また、ソーセージやハム類を作り、海岸沿いでは魚-特にメカジキ、イワシ、タラを熟成させることもある。

デザートは、蜂蜜を使った揚げ菓子や、ビスケットタイプの焼き菓子が一般的である。

 

特産品としては、カチョカヴァッロチーズ、チポッラロッサディトロペーア(赤玉ねぎ)、フリトゥーリやクルチ(豚肉のフライ)、リコリス(リキリツィア)、ラガネエチッチャリ(ひよこ豆入りパスタ)、ペコリーノクロトネーゼ(羊のチーズ)、ピニョラータなどがある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→