Calon-Segur シャトー・カロン・セギュール

シャトー・カロン・セギュール(仏語表記:Château Calon-Ségur)は、サン・テステフ(Saint-Estephe)地区の シャトー である。

1855年に行われた メドック の格付けで3級に分類された。

セカンドワインとしてはファーストと比べてメルローの比率を高く設定し造りあげた「ル・マルキ・ド・カロン・セギュール」(Le Marquis de Calon Segur)がある。

(サムネイル画像は1898年に描かれたシャトーのイラスト)

 

ブドウ栽培面積は45haであり、ブドウの栽培比率はカベルネ・ソーヴィニヨン56%、メルロー35%、カベルネ・フラン7%、プティ・ヴェルド2%となっている。

サン・テステフ村はローマ時代から銘醸地として有名で、その中でもシャトー・カロン・セギュールは地域のトップシャトーだった。

 

1718年にボルドー議会議長とボルドー高等法院長だったニコラ・アレクサンドル・ド・セギュール侯爵がガスク家の娘と結婚した際の持参金としてシャトー・カロン・セギュールの所有者となった。

 

セギュール侯爵は元々シャトー・ラフィットやシャトー・ラトゥールの著名なシャトーも保有していたが、シャトー・カロン・セギュールをとりわけ愛し、品質の向上に注力した。

そのような背景でセギュール侯爵が発したとされる有名なフレーズ

「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」

が生まれたとされている。

 

その後、セギュール侯爵このフレーズにちなんで、侯爵の名前とハートマークが、ラベルに付けられ、シャトー・カロン・セギュールの代名詞となっている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→