Campari カンパリ

カンパリイタリアのミラノ産のビター・オレンジ果皮を主原料とするアルコールリキュールである。イタリアに本社を置く多国籍企業、ダヴィデ・カンパリ・グループが製造している。

アルコールと水にハーブや果物(チノットやカスカリージャなど)を煎じて得られ、濃い赤色が特徴で、ほろ苦さと甘みのバランスがよく、アペリティフ(食前酒)として扱われている。

アルコール度数は25度、糖度21%であるが、販売国によって異なり、アルコール度数の幅は20.5〜28.5度である。

カンパリはカクテルによく使われ、ソーダ水やシトラスジュース(多くはピンクグレープフルーツジュース)で割るのが一般的で、ブラッドオレンジかブラッドライムのスライスを添えたり(主にオーストラリア)、プロセッコで割ってスプリッツとして飲むことが多い。

カンパリは、定番カクテルのネグローニ、ガリバルディ、アメリカーノ(カンパリを知るアメリカ人が少なかった時代に名付けられた)、スプリッツ(北イタリアで人気の食前酒)などに欠かせない材料である。

イタリア市場では、カンパリをソーダ水で割ったものを「カンパリソーダ」(アルコール度数10%)として個装ボトルで販売している。

カンパリ・ソーダは、1932年にフォルトゥナート・デペロがデザインした特徴的なボトルに詰められている。

 

同系の苦味系リキュールとして、

Martini Bitter(マルティーニ・ビター)アルコール度数25度、糖度21%

Fernet-Branca(フェルネット・ブランカ)アルコール度数39度

Amer Picon(アメール・ピコン)アルコール度数21度、糖度10.8%

Aperol(アペロール)アルコール度数11度、糖度25.8%

などがある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→