Castilla La Mancha カスティーリャ ラ マンチャ州

カスティーリャ ラ マンチャ州(Castilla La Mancha はスペインの中央から南にあり、州都はトレド。8つのD.O.と12つのV.P.がある。

典型的な大陸性気候で冬は寒く、夏は酷暑に苦しめられる地域。ミゲル・デ・セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」の舞台となった州として知られている。

カスティーリャ・ラ・マンチャ州のブドウ栽培面積は合計210,022haであり、ワイン生産量は1,109,619hℓである。

州名のマンチャはアラビア語の“水の無い土地”に由来し夏は極度に乾燥する。

そのため耐乾性の高い白ワイン品種アイレン(Airén)が多く栽培されており、その栽培比率は90%にも上る。

 

ラ・マンチャ(La Mancha)D.O.はブドウ畑が16万haと単一の原産地呼称では世界最大の広さを誇る。

白ブドウのアイレン(Airén)種等を使った白ブドウが全体の75%を占める。

 


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→