Cynar チナール

チナール(伊:Cynar)は、イタリア産のアーティチョークを主原料に13種類のハーブや植物が使われているリキュール。濃い茶色でほろ苦い風味があり、アルコール度数は16度、糖度26.5%である。1952年にイタリアで発売された。

甘みの中に優しい苦味があるアペリティフ(食前酒)または食後酒である。

主原料であるアーティチョーク(Cynara scolymus)がこの飲み物の名前に由来している。

 

チナールはアペリティフ(低糖、低アルコールで食欲増進を目的とする食前酒)であり、単体で飲むことも、多くのカクテルに混ぜて飲むこともある。

イタリアではロックやソーダ割り、ストレートで食前・食後に飲まれる事が多い。

カクテルとしては、チナールソーダ(ソーダ水とレモンまたはオレンジスライスで割ったもの、コーラ、エッグノッグ、トニックウォーター、ミルク、ビターレモンソーダで割ったものなど)がある。

ヨーロッパではオレンジ・ジュースで割ることが多く、特にスイスや南ドイツではチナールとオレンジ・ジュースの組み合わせは非常にポピュラーである。

ネグローニというカクテルのバリエーションでは、カンパリの代わりにチナールを使う。北米や南米でもカクテルの材料に使われることが多い。

1995年以降、チナールはカンパリグループによって製造・販売されている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→