Desmirail シャトー・デミライユ

シャトーデミライユは、(仏語表記:Chateau Desmirail)マルゴー(Margaux)カントナック(Cantenac)地区の シャトーである。

1855年に行われたメドックの格付けで3級に分類された。

(サムネイル画像は1886年に描かれたデミライユのイラスト)

 

セカンドワインとしてはフランス国内市場向け「シャトー・フォンタルネイ」(Chateau Fontarney) 、輸出用の「イニシャル・ド・デミライユ」(Initial de Desmirail)がある。

ブドウ栽培面積は30haであり、ブドウの栽培比率はカベルネ・ソーヴィニヨン:60%、メルロー:39%、カベルネ・フラン:1%となっている。


17世紀後半、ボルドー議会の弁護士を務めていたジャン・デミライユが、妻が嫁入りする際に持参した土地に彼の名前を付け、シャトー・デミライユとしたのがシャトーの始まりである。

 

シャトーは1855年までデミライユ家が所有していたが、その後、シャトー・マルゴーの支配人をしていたムッシュ・シピエルの手に渡り、メドック3級格付はシピエルの下で得られた。

第二次世界大戦前に、シャトー・パルメ に買収され、パルメ の セカンドワイン 的な扱いになりシャトー・デミライユの名前は霞んでいたが、ボルドー ワイン界の大御所であるルシアン・リュルトンがシャトー・デミライユを買取り、いろんな持ち主に細かく分散した畑を買い集めた。

そして、1980年に シャトー・パルメ から最後の畑を買い戻し、ようやく、シャトー・デスミライユの名前が復活することとなった。

その後引き続き シャトー の改良が行われた結果、ワインの品質が回復し、現在は3級格付けに恥じないものと評価されている。

 

1992年のルシアン氏の死後、土地は彼の10人の子供が引き継ぎ、兄弟の一人である弁護士のデニがシャトー経営を引き継ぎ、シャトーの発展のため、全力を注いでいる。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→