du Tertre シャトー デュ・テルトル

シャトー デュ・テルトル(Château du Tertre)は、ボルドー地方メドック地区、マルゴー村の格付け5級のワインである。コミューンはアルサック。

1000年の歴史を持つ邸宅で、“1855年以来変わっていない”ワイナリーであり、ボルドー左岸で最も古い建物の1つとなっている。フランス語でTertre(テルトルは、ブドウ園が位置する丘または隆起した地面を意味する。


面積:52ヘクタール

平均樹齢:約35年

ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン40%、メルロー35% 、カベルネ・フラン20% 、プチ・ヴェルド5%

 

歴史ある名門であるにも関わらず、シャトーデュテルトルは20世紀に入り不調の続いたシャトーだった。

1997年以来、格付け第3級シャトー・ジスクールを所有していたエリック・アルバダ・ジェルガースマ(Eric Albada Jelgersma)は、シャトー、セラーの修復、ブドウ園の再編成に必要な投資を提供し、革新と伝統を組み合わせることに腐心した。

その結果、コストパフォーマンスの高さで多くのボルドーファンを惹きつけるワインに成長し、栄光を取り戻したシャトーとしても知られている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→