Duhart-Milon-Rothschild シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルト

シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルトは(仏語表記:Chateau Duhart-Milon-Rothschild)ポイヤック(Pauillac)地区のシャトー。

1855年に行われたメドックの格付けで4級に分類された。セカンドワインとしてはフランス国内市場向け「ムーラン・ド・デュアール」(Moulin de Duhart) がある。

ブドウ栽培面積は76haであり、ブドウの栽培比率はカベルネ・ソーヴィニヨン:67%、メルロー:33%となっている。


シャトー・デュアール・ミロン・ロートシルトは18世紀にはブドウ畑の品質の素晴らしさから、シャトー・ラフィットのセカンドとして扱われており、19世紀にはメドック4級格付けに選出される等繁栄していたが、その後所有者が転々としブドウ畑は分割され、品質の低下が著しかった。

1962年にシャトー・ラフィット・ロートシルトのオーナー家が買収し大々的に修復を行い、排水設備、ブドウ樹の植え替え、畑の購入、整理統合などが実施された。

また、新しい醸造所と発酵タンクも設置され、ブドウ畑も拡大された。

現在シャトーはシャトー・ラフィット・ロートシルトのゼネラルマネージャーであるチャールズ・シェバリエによって管理されている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→