いぎりすわいん イギリスワイン


 

イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、英語: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland))は、ヨーロッパ大陸北西岸に位置し、グレートブリテン島、アイルランド島北東部その他多くの島々からなる立憲君主制国家である。

ワイン生産国としては、温暖化とともにブドウ栽培可能な地域が広がり、新しいワイン産地として注目を集めている国である。

生産比率は、スパークリングワイン が約70%、スティルワイン が約30%となっていて、現在はスパークリングワイン の生産国として確固たる地位を築いている。

 

4つの国で構成され、イングランド、ヴェールズ、スコットランド、北アイルランドがあり、その中でも、ブドウ畑はイングランドに集中している。

ロンドンより西側〈サウスイーストイングランド地方〉と南端の〈サウスウエストイングランド地方〉が最も栽培面積が多い。

 

英国ワイン法では2011年に〈イングランド〉と〈ウエールズ〉の地理的表示を保護する形で導入され、3つのカテゴリーで分類されている。

イングランドとウエールズの主要品種:ピノ・ノワールシャルドネ、ムニエ、バッカス(白)がある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→