Friuli-Venezia Giulia フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州(Friuli-Venezia Giulia)は、イタリア北東部の州。北はオーストリア、東はスロヴェニアと国境を接し、西はヴェネト州、南にはアドリア海が広がっている特別法上の5つの自治州の一つである。

州都はアドリア海のトリエステ湾に面するトリエステである。

 

気候・地理

北のオーストリア国境に沿って、アルプス山脈とプレアルプス地帯が東西に延び、その南に丘陵地域があり、さらに南のアドリア海にかけては平野が広がっている。

平野の真ん中をタリアメント川がアルプスからアドリア海に向かって流れている。海岸部は半地中海性気候で、丘陵地帯も気候は比較的温和である。

平野部は温和な気候だが、湿度が高い。北はアルプス性気候で雨が多い。トリエステは雨が少なく温暖だが、冬にはボーラと呼ばれる冷たい風が吹く。

この地域の土壌は、丘陵地帯のカルシウムに富んだ泥灰土やフライシュ岩から、渓谷の粘土、砂、砂利まで様々である。

フリウリのブドウ畑や生産者の名前には、フリウリの言葉で段々畑を意味する「ロンコ(複数形ロンキ)」という言葉がよく使われる。

 

ワインの特徴

フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州には、11のDOC(Denominazione di Origine Controllata)と3のDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)が存在する。

この地域には、Alto Livenza、delle Venezie、Venezia Giuliaの3つのIGT(Indicazione Geografica Tipica)がある。

 

主要な品種は下記のとおりである。

フリウラーノ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州を代表する品種)

リボッラ・ジャッラ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州東部とスロヴェニアの白ブドウ

ヴェルドゥッツォ・フリウラーノ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の白ブドウで、タンニンが強い)

ピコリット(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の白ブドウ)

マルヴァジア・イストリアーナ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の白ブドウ

レフォスコ・ダル・ペドゥンコロ・ロッソ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州を代表する固有黒ブドウで、果梗が赤くなるので、Peduncolo Rosso=赤い果梗という名前がついている。)

スキオッペッティーノ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の黒ブドウ)

ピニョーロ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の黒ブドウ)

タッチェレンゲ(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州の黒ブドウで、DOCであるコッリ・オリエンターリで栽培されている)

 

料理

プロシュート・ディ・サンダニエーレ(DOP生ハム)

フリーコ(すりおろしたモンタージオチーズのチーズの粉にとうもろこし粉を混ぜて焼いた薄いオムレツ)

ヨータ(豚肉、スモークパンチェッタ、いんげん豆、クラウト、とうもろこし粉の濃厚なスープ)

ニョッキ・アッレ・プルーニェ(バター、シナモン、砂糖のソースの干しプラム入りのニョッキ)

グーラッシュ(パプリカを使ったハンガリー風牛肉のシチュー)

モンタジオ(DOPチーズ、牛乳、加熱圧搾、モンタジオ山が産地)


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→