Hessische Bergstrasse ヘシッシェ・ベルクシュトラーセ

ヘシッシェ・ベルクシュトラーセ(独:Hessische Bergstrasse)はドイツ13生産地域の一つ。栽培面積が最も小さい地域である。赤白比率は白8: 赤2。

栽培に丁寧な生産者が多く、畑を見ても品質の高さがうかがえるが、多くはドイツ国内で消費をされ、日本で見かける事は殆ど無いワインとなっている。

 

気候

緯度の高さにも関わらず暖かい産地となっている。「ドイツの春の園」、「ドイツはここからイタリアになる」と言われており、暖かい気候を読み取ることができる。

 

《生産地区》は2つ

北側で少し離れた「ウムシュタット」、南側の「シュタルケンブルク」が著名である。

 

《ブドウ品種》

白ブドウ〉リースリング、グラウアーブルグンダー、ミュラートウルガウ

黒ブドウ〉シュペートブルグンダー

 

著名な畑として、

シュタルケンブルク(地区)ヘッペンハイム(地区)ツェントゲリヒト(畑)がある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→