Islas Canarias カナリア諸島

カナリア諸島(Isla Canarias)は、スペイン本土から約1,000㎞、大西洋のモロッコ沖約100㎞に浮かぶ7島からなり、そのうち6島でワインが生産されている。

合計10のD.C.とV.C.としてラス・イスラル・カナリアス(Las Islas Canarias)がある。

D.O.は、ほとんどの場合島ごとに設置されているが、面積が最大のテネリフェ島だけは島内に5つのD.O.を持つ。

カナリア諸島のブドウ栽培面積は5,500haであり、ワイン生産量は54,000hℓである。


カナリア諸島の主要なブドウ品種は、白ブドウがマルバシア(Malvasia)、モスカテル(Moscatel)、リスタン・ブランコ(Listan Blanco)で、 黒ブドウは、リスタン・ネグロ(Listan Negro)、ネグラモル(Negramoll)等である。

カナリア諸島はフィロキセラ害が到達しなかったため、他にも多くのカナリア諸島原産の品種が残っており、ヨーロッパ本土でフィロキセラ前に行われていた、伸びた枝を地中に植えて樹を増やすプロヴィナージュ(Provignage)の手法が今も使われている。

ランサローテ(Lanzarote)D.O.はアフリカ大陸に近い島で、島全体がD.O.認定を受けている。

1730年から6年続いた火山の噴火によって、地表が火山礫と火山灰に覆われた土地であり、ブドウをHoyos(オヨス)と呼ばれる穴の中に一本ずつ植える独特な方法で栽培している。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→