Lynch-Moussas シャトー ランシュ・ムーサ


シャトー ランシュ・ムーサ(仏:Château Lynch-Moussas)は、ボルドー地方メドック地区、ポイヤック村シャトーワイン。1855年で5級に格付けされた。現在、敷地はポイヤック最大級で200haとなっている。

歴史:シャトーの名前は、19世紀に【シャトー・ランシュ・ムーサ】と“ランシュ・バージュ”を所有していたランシュ伯爵から名付けられた。

しかし当初、彼の領地のほとんどはランシュ・ムーサの畑が占めていたとされる。

20世紀前半に評価を落とした時期があり、売りに出されたところ、デュアール・ミロンを所有していたカステジャ家によって買い取られた経緯がある。

 

主なブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー

砂利土壌:第四紀の段丘は平均して約10メートルの厚さで、始新世と漸新世の泥灰土と石灰岩を覆っている。

 


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→