Malescot-Saint-Exupery シャトー・マレスコ・サンテグジュペリ

シャトーマレスコ(仏語表記:Chateau Malescot-Saint-Exupery)マルゴー(Margaux)地区のシャトーである。

1855年に行われたメドックの格付けで3級に分類された。

ブドウ栽培面積は23.5haであり、ブドウの栽培比率はカベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー35%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド5%となっている。

 

セカンドワインとしてダム・ド・マレスコ(Dame de Malescot)を生産している。

 


シャトー・マレスコ・サン・テグジュペリの名前は、ふたりの元所有者に由来する。

ひとりは1697年にこの地を取得したシモン・マレスコ。

もうひとりは1827年から1853年にかけてこの地を所有していたジャン=バティスト・ド・サン=テグジュペリ伯爵。

このサン=テグジュペリ伯爵は、小説『星の王子様』、『夜間飛行』の作者として有名な、アントワーヌ・ド・サン・テグジュペリの曽祖父にあたる。

 

その後苦難の時を迎え、第二次世界大戦後には畑はわずか7ha、シャトーは廃墟同然になっていたと言われているが、1955年に、アルザス出身のポール・ズジェールと息子のロジェが、このシャトーを購入し、10年間に畑の80%を植え替えるなど、多大な投資と地道な努力多大な努力でシャトーを再建している。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→