ぽるとがるわいん ポルトガルワイン

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、ポルトガル語: República Portuguesa、(英)Portugal)、通称 ポルトガル は、南ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家。ワイン生産国としては、スティルワインと特に酒精強化ワインが有名な国である。

赤ワインが60%を占め、1ha当たりの固有品種数は世界最多である。

 

《主なブドウ品種》

黒ブドウ〉ティンタロリス(テンプラリーニョ)、トウリガフランカ、トウリガナショナル、カステラン

白ブドウ〉フェルナォン・ピレス(マリア・ゴメス)、ロウレイロ、アリント、アルヴァリーニョ

 

著名な精強化ワインが2つあり、ポートワインとマディラワインがある。ポートは、1756年に世界で初めて原産地呼称管理法の指定を受けた地域とされているが、根拠があいまいなため異論も多い。

 

《産地の特徴》

〈北部〉は、ヴィーニョヴェルデ産地から微発泡でフレッシュな白が造られる

〈中部〉は、赤ワインの産地が多く、バガ品種、トウリガナショナル品種が生産されている

〈南部〉近年で、重要な赤ワイン産地となる

〈諸島〉酒精強化ワインのマディラ、ラジドがある、またコルクの産地として有名

 

《気候》は3つ

北西は、海洋性気候

西の沿岸から東の内陸は、大陸性気候

南部は、地中海性気候


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→