Pouget シャトー・プージェ

シャトー・プージェ(仏語表記:Chateau Pouget)マルゴー(Margaux)カントナック(Cantenac)地区のシャトー。1855年に行われたメドックの格付けで4級に分類された。

セカンドワインとして、創始者の名前が付けられた「アントワーヌ・プージェ」(Antoine Pouget)が造られている。

ブドウ栽培面積は10haであり、ブドウの栽培比率はカベルネ・ソーヴィニヨン:60%、メルロー:30%、カベルネ・フラン:6%、プチ・ヴェルド:4%となっている。

(サムネイル画像は1853年に描かれたシャトーのイラスト)

1748年にこのシャトーのオーナーとなったフランソワ・アントワーヌ・プージェがこのシャトー名の由来とである。

シャトー・プージェは1906年からギュメ家がオーナーとなっており、1932年にギュメ家がオーナーとなった シャトー・ボイド・カントナック と同様の管理で運営されている。

1932年から1982年までは シャトー・ボイド・カントナック もシャトー・プージェの醸造施設で造られていた。(ただし、扱いはシャトー・プージェが シャトー・ボイド・カントナック のセカンドワインの位置付けだった)

1983年以降は両シャトーそれぞれに醸造するようになった。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→