Rheingau ラインガウ

ラインガウ(独:Rheingau)は、ドイツの中でも最も最高品質の リースリング の 生産地域 である

リースリングは、栽培面積の80%を占めるが、赤ワインにも著名なワインがあり、アスマンハウゼン(畑)は赤ワインの産地で知られている。赤白ワインの比率は赤2 : 白8となっている。

 

《主なブドウ品種》

白ブドウ〉リースリング

黒ブドウ〉シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)

 

《地区(ベライヒ)》は唯一

ヨハニスベルク地区のみ

 

歴史

1136年、エーバーバッハ修道院が設立され、シュペートブルグンダー を持ち込んだと言われている。

1712年、エーバー修道院が、特別に優れた品質のワインを貯蔵する部屋の意味のカビネットを用語として用いられるようになる。

1775年、ヨハニスベルクベルク(村)で貴腐ワインが毎年造られるようになる。

 

《有名畑》

アスマンハウゼン(村)ヘレンベルグ

ヨハニスクベルク(村)シュロスフォルラーツ(畑)

ハッテンハイム(村)シュタインベルク(畑)


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→