だいにあろま(テイスティング) 第2アロマ

投稿日:

第2アロマ:(英)Secondary Aromas (仏)Arômes Secondaires

テイスティングにおける第2アロマは、発酵段階( アルコール発酵 、 マロラクティック発酵 など)で生まれる香りである。

 

低温発酵をした白ワインの場合、「キャンディ」「吟醸香」など、マセラシオン・カルボニックの場合、「バナナ」などの香りが感じられる。

マロラクティック発酵した白ワインの場合、「バター」「クリーム」など乳製品系の香りや「生のアーモンド」「杏仁豆腐」などの香りが加わる。

 

第2アロマは発酵から時間があまり経っていない、若い状態のワインに感じられ、時(空気接触)と共に薄れていく。

そのため古の香りを第2アロマで表現することはなく、第2アロマから発展した 第3アロマ で表現することになる。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→