せっかいしつどじょう 石灰質土壌

石灰質土壌:(英)Calcareous soil(仏)Sol calcaire

石灰質土壌は、文字通り石灰岩によって構成される 土壌 である。

石灰質土壌は粘土を凝集させる傾向があり、水捌けが良い。石灰岩の岩盤の亀裂の多さもそれにつながる。

更に乾燥した時期は水分を保持することができる。

 

またphが高くカルシウムが豊富で、ブドウは栄養を摂取し易い。

しかし石灰質が多過ぎるところでブドウを栽培すると白化現象(クロロシス)を引き起こす可能性があり、葉が黄色くなり光合成ができなくなることで果実の成熟が妨げられることがある。

石灰質土壌の産地は最上のワインを生んでいるところが多く、 フランスブルゴーニュ や ロワール 、 スペインリオハイタリアピエモンテトレンティーノ・アルト・アディジェ 、 カリフォルニア の パソ・ロブレス 、 アルゼンチン の メンドーサ などがある。

 

サムネイル画像は モンラッシェ の表土。茶色の粘土に交じり石灰岩がごろごろ表土を覆っていることがわかる。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→