みなみあふりかわいん 南アフリカワイン

南アフリカ(みなみアフリカきょうわこく、英: Republic of South Africa)は世界の生産量9位(2018年)のワイン生産国である。

地中海性気候 で乾燥した温暖な産地だが、西ケープ州は南極からの冷たい海流《ベンゲラ海流 Benguela》の影響で冷涼な気候となっている。

 

栽培面積は、白ブドウ 約55%、黒ブドウ 45%、20年前は白ワイン品種が80%を占めていた。

その後に 赤ワイン品種 へシフトしたが、近年また 白ワイン品種 が増加している。


《品種》

(白) シュナンブラン、コロンバール、ソーヴィニョンブラン

(赤) カベルネソーヴィニョンシラーズ、ピノタージュ

 

《産地》6つの州で生産されている

西ケープが9割

北ケープ

東ケープ

クワズル・ナタール

リンポポ

フリー・ステイト(新産地)

 

《歴史》

1659年、ヤン ファン リーベックがブドウ栽培開始

1918年、KWV南アフリカブドウ栽培者協同連合)設立

1973年、WO(wine of origin)原産地呼称が制定

WO規制の 瓶内二次発酵 スパークリング《キャップクラシックcap Classique》は近年成功を収めている


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→