sur lie シュールリー

シュールリー(仏:sur lie)は、ワイン製造の用語の一つ。主に 白ワイン に用いられる。

発酵終了後のワインは、通常は澱引きをしたのちに熟成させることが多いが、シュールリー製法は澱とともにワインを熟成させる。

澱とともに熟成をさせることでパン酵母やイースト、焼きたてのパンの様な香りがワインに付着する。

ロワール地方ミュスカデ や高級な シャルドネ に用いられる手法とされる。

 

sur lieはフランス語で、surは~の上、lieは澱のことを意味している。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→