しゅぜいほうじょうのわいん 酒税法上のワイン

 

日本の ワイン税法 とその特別法に規定されているが、「ワインとは」の規定はそもそもない。

酒税法 2条で「 酒類 とはアルコール分1度以上の飲料をいう」と定義されているが、このアルコール分とは「温度15度の時において現容量100分中に含有するエチルアルコール(エタノール)の容量をいう」とされている。

 

税法では酒類をまずは以下の4種類に定義する。

発泡性酒類

醸造酒類

蒸留酒類

混成酒類

このうえで、ワインは 醸造類 のうちの果実原料に分類がされる。

 

酒税法の特別法の通達により、日本ワインの定義がさだめられた(2015年10月30日告示、2018年10月30日適用開始)。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→