せんてい 剪定

剪定:(英)Taille(仏)Pruning

剪定は栽培用語の一つ。

ブドウの枝を切り、風通しを良くし、収穫量を調整する。

剪定の目的としては

・病害虫に侵されている枝を除去し、健康なブドウ樹をまもる

・ブドウ樹全体に日光が当たるように調整する

・成長を促進させ、樹勢の維持をする

・作業管理の容易性

などが挙げられる。

 

ワイン用ぶどうの剪定は主に、 垣根仕立 、 棒仕立 、 株仕立 、 棚仕立 などがある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→