Toscana トスカーナ州

トスカーナ州(Toscana)は、イタリア中部にある、7つの沿岸島を含む、イタリアで5番目に大きな州であり、北西にリグーリア州、北にエミリア・ロマーニャ州、東にウンブリア州、南にラツィオ州と隣接している。

面積約23000平方キロメートル、人口約380万人である。州都は観光都市でもあるフィレンツェ(Firenze)。

 

トスカーナ州は、その景観、歴史、芸術的遺産、ハイカルチャーへの影響力で知られている。イタリア・ルネッサンスの発祥地であり、イタリア語の基礎となった地とされている。

キャンティ、ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノ、モレッリーノ・ディ・スカンサーノ、ブルネロ・ディ・モンタルチーノ、白のヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノなど、ワインの産地としても知られている。

言語的・文化的に強い独自性を持っており、「国家の中の国家」とも言われる。

 

トスカーナ州はヴェネト州に次いでイタリアの旅行者に人気のある州である。

主な観光地はフィレンツェ、ピサ、サンジミニャーノ、ルッカ、カスティリオーネ・デラ・ぺスカイア、グロッセート、シエナなど。

カスティリオーネ・デラ・ぺスカイアは州内で最も訪問者の多い海沿いの町で、海沿いの観光が訪問者のおよそ40%を占めている。

マレンマ地方、シエナ、ルッカ、キャンティ地方、ヴェルシリア、ヴァルドルチアなども国際的に有名で、旅行者の間で特に人気の高いスポットである。

 

気候・地理

トスカーナ州は西にはティレニア海があり、海岸付近は温暖な地中海性気候に属している。

地形は丘陵が多く(国土の68%以上)、エミリア=ロマーニャ州との境界線に沿ってアペニン山脈まで内陸にまで及ぶ。

丘陵は夏の暑さを和らげる効果があり、多くのブドウ畑は丘陵の中腹の高い位置に植えられている。内陸部は大陸的気候である。

サンジョヴェーゼは、直射日光をより多く浴びることができれば、より良いパフォーマンスを発揮する。

これは、トスカーナの多くの丘陵地にあるブドウ畑の利点である。この地域のブドウ畑の大半は、標高150-500メートルの場所にある。

標高が高いため日中の気温差が大きくなり、ブドウが糖分と酸のバランス、そしてアロマの質を維持するのに役立つ。

 

ワインの特徴

トスカーナはイタリアで3番目に栽培面積の多い地域(シチリア、アプリアに次ぐ)だが、生産量は8番目である。

これは、トスカーナの土壌が非常に貧弱であることもあり、生産者は低収量と高い品質レベルを重視してワインを造っているためである。

この地域の生産量の80%以上は赤ワインである。

 

サンジョヴェーゼはトスカーナで最も著名なブドウである。しかし、多くの生産者が独自のサンジョヴェーゼの地方版を使っているため、多くの異なるクローン品種が存在する。

カベルネ・ソーヴィニヨンは、250年以上前からトスカーナで栽培されているが、スーパー・タスカンの台頭により、近年になって注目されるようになった。

トスカーナで見られるその他の国際品種には、カベルネ・フランシャルドネメルローピノ・ノワール、ソーヴィニヨン・ブラン、シラーなどがある。

地元の黒ブドウ品種では、カナイオーロ、コロリーノ、マルヴァジア・ネーラ、マンモーロが多く栽培されている。

トスカーナの白ワインでは、トレッビアーノが最も広く栽培されており、マルヴァジア、ヴェルメンティーノ、ヴェルナッチャがそれに続く。

 

1970年代には、「スーパー・タスカン」と呼ばれる新しいクラスのワインが登場した。

これらのワインはDOC/DOCGの規制の範囲外で造られたものだが、高品質とみなされ、高値で取引されるようになり、多くはカルトワインとなった。

イタリアの格付け制度の改革により、元祖スーパー・タスカンの多くはDOCまたはDOCGワインとして認められるようになったが(例えばボルゲリの新ラベル)、一部の生産者はいまだに格下げを好み、トスカーナIGT(Indicazione Geografica Tipica)を使用している。

トスカーナには現在、6つのIGTワインのサブカテゴリーがある。

 

料理

トスカーナ料理はシンプルな料理が中心である。豆類、パン、チーズ、野菜、キノコ類、新鮮な果物などが使われる。

オリーブオイルはモライオーロ、レッチーノ、フラントイアーノの3種類のオリーブを使用。

10月から11月にかけては、サンミニアート産の白トリュフが登場する。

牛肉はキアナ渓谷産が最高級で、特にフィレンツェ風ステーキに使われるキアニーナという品種が有名である。土着のチンタ・セネーゼの豚肉も生産されている。

 

特に有名な料理は下記の通りである。

ビステッカアッラ・フィオレンティーナ(厚切りのTボーンステーキ)

アリスタ(豚背肉の塊をローズマリー、にんにくを利かせてローストしたもの)

ペコリーノ・トスカーノ(DOPチーズ、羊遅々、非加熱圧搾)

キアニーナ(キアーナの谷で飼育される牛。生育に時間がかかるが味わいが深い)


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→