かしす カシス(テイスティング)

ワインにおけるカシスは、二つの意味がある。

一つはテイスティング用語に用いるカシス、本項ではこちらの解説になる。もう一つは南フランスの同名の村とAOCワインである。

 

カシス(英:Cassis 仏:Cassis)英語ではBlack Currantと呼ぶことも多い。

テイスティングにおけるカシスは、主に赤ワインに用いる。

熟成度合いはやや温暖なエリアで、色の濃い目のワインの表現に用いることが多い。

逆に明るい色調ピノノワールやロワールのカベルネフランには通常は用いない。

 

なお、南フランスに同名のカシスという村とAOCワインがあるが、村名のカシスとテイスティングにおけるカシスは全くの別で、村名のカシスは語尾のSを発音せずにカシ―と呼ぶことがほとんどである。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→