Corse コルシカ島

コルシカ島は、地中海に浮かぶ島で、フランスを構成する18の地域の一つである。地中海で4番目に大きな島で、フランス本土の南東、イタリア半島の西、イタリアのサルデーニャ島のすぐ北に位置する。

山が島の3分の2を占めている。

コルシカ島は、フランスの領土であるが、この地域のワイン造りの伝統やブドウ品種の多くは、イタリアに由来するものが多い。

尚、コルシカ島は独自の自治権をフランス政府に認められている。

 

後にフランス皇帝となるナポレオン・ボナパルトは、同年にアジャクシオで生まれた生粋のコルシカ人であり、彼の先祖の家であるメゾン・ボナパルトは、現在観光名所や博物館として利用されている。

コルシカ島はトスカーナ州と歴史的につながりがあるため、イタリア文化の要素が多く残っており、コルシカ人の姓の多くはイタリア半島に根ざしている。

また母国語であるコルシカ語は、フランスの地域言語の一つとして認められている。コルシカ島は人口がフランスで最も少ない地域である。

 

気候・地理


コルシカ島は、地中海で最も山が多い島である。気候はフランス本土よりも暖かく、乾燥している。

8月と9月にはほとんど雨が降らないため、ほとんどのヴィンテージで乾燥した、腐敗のない収穫が可能となる。

 

コルシカ島の年間平均日照時間は約2,750時間で、海洋性気候の特徴がよく出て日中は海が熱の大部分を吸収し、夜には島へ放射される。

そのため、気温が一定に保たれ、日中の気温差が非常に少なくなる。

山地には、標高、緯度、海洋の影響の度合いが異なるため、いくつかの異なる気候が存在する。

 

コルシカ島のワイン生産地では、いくつかの異なるタイプの土壌が見られる。

キャップ・コルス半島からなる北部地域の土壌は、主に片岩である。

キャップ・コルス半島のすぐ南には、石灰岩に富んだ白亜と粘土質の土壌がある。

西海岸沿いの土壌は、花崗岩を多く含んでいる。

島の東海岸、ソレンザーラ市とバスティア市の間にあるブドウ畑は、ほとんどが泥灰質のの上に植えられている。

 

ブドウ品種

白ブドウはベルメンティーノ(マルヴォワジー・ド・コルス)が主要品種。

黒ブドウはシャカレッロ、ニエルッチョ(イタリアノサンジョベーゼのクローン)、バルバロッサ、グルナッシュが主要品種。

 

料理

アズィミヌ(Aziminu)・・・コルシカ風ブイヤベース

シヴェ・ド・サングリエ(Civet de Sanglier)・・・イノシシの煮込み。

ブロッチュ(Brocciu)・・・AOPチーズ、羊乳主体+山羊乳、ホエイフレッシュタイプ。

ジャンボン・セック・ド・コルス(Jambon Sec de Corse)・・・AOP認定の生ハム

などAOP認定の豚肉加工品が数ある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→