Marseille マルセイユ

マルセイユ(仏:Marseille)は、フランスの南部にある港湾都市でプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、ブーシュ=デュ=ローヌ県の県庁所在地である。

ワイン産地としてはプロヴァンス地方にあり、AOCカシスが最も近いワイン産地となっている。

また、フェニキア人がフランスにブドウ栽培とワインづくりを伝えたのがマルセイユだとされ、ここがフランスワイン発祥の地として知られている。

地方料理として、ブイヤベースが著名である。

紀元前600年頃から港町として、東方やアフリカ交易の要衝として栄えた。現在も南フランスの貿易、工業、商業の中心地である。

人口約87万人、面積は240.62平方キロメートル、パリからは南へ約780キロメートルの地中海岸にある。

 

東方世界への西の玄関口として、さまざまな人が行き交う国際都市でエキゾチックな雰囲気がある。

イフ城、ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂の歴史的建造物の他、ヨーロッパ地中海文明博物館など、近年は独創的な現代建築が次々と誕生している。

建築家ル・コルビジエが設計したユニテ・ダビタシオン(集合住宅)は世界遺産の構成資産となっている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→