Mutage ミュタージュ

ミュタージュ:(仏)Mutage

ミュタージュ は、 発酵 途中の ブドウ果汁アルコール を添加し、 発酵 を止め、天然の 糖分 が残った ワイン を仕上げる製法のことを指す。

アルコール はもっぱら グレープスピリッツ を用いる。

VDN のほか、 VDL にも用いられ、それらを総称してフランス語では Vin muté と呼ぶ。

 

1285年に スペイン 生まれの医師である アルノードヴィルヌーヴ ( Arnaud de Villeneuve  1240~1311?サムネイル画像)によって提唱されたとされている。

もともとは輸送中の品質保護のためにアルコールを加えて劣化を防ぐことが目的であったとされている。

 

ミュタージュ のプロセスは二つに分かれ、

1つは発酵途中の果汁にアルコールを加える

もう一つは発酵前の果汁にアルコールを加える

の二つがある。前者は VDN ,後者は VDL と分類されるが、 甘口 になるプロセスそのものは同じ仕組みになる。

 


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→