【ヴェネト州】ソムリエ試験・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

【最終更新日】2023年2月21日

ヴェネト州はイタリアの北東にあり、水の都ヴェネツイアが州都です。

目立たないのですがブドウ栽培面積は広く、個性的なワインも集中しています。

 

以前はコマーシャルワインが多く、並質のワインがこの州のワインのイメージを下げていた時代がありました。

しかし現在はワインのすみわけの細分化が進み、高品質なワインには適切なワインの呼称が与えられ、これによって品質の高いワインも多く目にするようになりました。

 

ヴェネト州は、ソムリエ・ワインエキスパート試験においては例年1問出題されるかされないか程度の重要度になります。

そのため学習に対してはどうしても気乗りがしない場合もあると思います。

 

しかし、イタリアワインは日本のワインライフでは重要で、ヴェネト州のワインは日本のイタリアンでも大活躍しています。

できれば興味を持って、積極的に得意分野にするようにしましょう。

 

さて、以下がソムリエ、ワインエキスパート試験のボリュームゾーンの難易度の過去問と解説です。

 

年度別に過去問は随時追加の予定です。

 

本格的な学習に入る前に、事前に全体の難易度と傾向を押さえておきましょう。

 

WBSのソムリエ試験、ワインエキスパート試験対策講座はこちら→

 

ソムリエ試験・ワインエキスパート試験全体の勉強方法はこちら→

 

*クリックで回答と解説を表示!を押下すると回答と解説が表示されます。

過去問全般の取り組み方はこちらをご参考ください→

 

【こちらの過去問もご参考ください】

 

 

【ヴェネト州】ソムリエ試験・ワインエキスパート試験過去問

2022年

【問題1】概論

Veneto州において、国際ワイン見本市ヴィーニタリーが毎年開催される県を1つ選んでください。

①Verona

②Belluno

③Venezia

④Treviso

 

クリックで回答と解説を表示!

①のVerona(ヴェローナ)が正解です。

”イタリアワインの首都”と考えられている県で、ヴェネト州では最も西に位置しています。

Soave(ソアーヴェ)、Valpolicella(ヴァルポリチェッラ)、Bardolino(バルドリーノ)などの著名なワイン産地を抱えています。

 

【問題2】基礎的なDOCG

Veneto州で認められているD.O.C.G.の数を1つ選んでください。

①10

②14

③18

④20

 

クリックで回答と解説を表示!

②の14が正解です。

イタリアではPiemonte州の18に次ぐ多さです。

なお、3番目に多いのはToscana(トスカーナ)の11ですので合わせて押さえておきましょう。

 

【問題3】概論

Veneto州におけるワイン生産量のうち、D.O.P.ワインが占める割合として正しいものを1つ選んでください。

①18%

②38%

③58%

④78%

 

クリックで回答と解説を表示!

④の78%が正解です(2020年実績)。

 

【問題4】基礎的なDOCG

Veneto州とFriuli-Venezia Giulia州にまたがるD.O.C.G.ワインを1つ選んでください。

①Colli di Conegliano

②Soave Superiore

③Recioto della Valpolicella

④Lison

 

クリックで回答と解説を表示!

④のLison(リソン)が正解です。

D.O.P. Lison Pramaggioreから独立して2011年にD.O.C.G.に昇格しました。

主要品種はTai(タイ)で、Friuli-Venezia Giulia(フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア)州ではFriulano(フリウラーノ)と呼ばれている品種です。

①~③はすべてVeneto州のD.O.C.G.ワインです。

 

【問題5】アマローネの熟成期間

Veneto州において、D.O.C.G. Amarone della Valpolicellaの最低熟成期間を1つ選んでください。

①1年

②2年

③4年

④6年

 

クリックで回答と解説を表示!

②の2年が正解です。

Riserva(リゼルヴァ)を表記する場合は4年の熟成期間が必要です。

いずれもアルコール度数は14%以上と他のD.O.C.G.ワインに比べると高い規定となっています。

なお、“Amarone”は陰干しブドウから造られる辛口ワインのことを指し、 Amarone della Valpolicell(アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ)はヴァルポリチェッラに使われるブドウを陰干しして造られます。

 

【問題6】ワインのキーワード

陰干しによって糖度を上げ、糖分を残して甘口ワインに仕上げるPassitoのVeneto州における名称を1つ選んでください。

①Vin Santo

②Sforzato

③Recioto

④Vermut

 

クリックで回答と解説を表示!

③のRecioto(レチョート)が正解です。

ブドウを陰干しすることで糖度を上げ、甘口に仕上げます。

①のVin Santo(ヴィン・サント)はToscana(トスカーナ)州、Umbria(ウンブリア)州を中心に造られる陰干しワイン全体を指します。

②のSforzato(スフォルツァート)はLombardia(ロンバルディア)州における陰干しブドウから造られる辛口ワインのことを指します。

④のVermut(ヴェルモット)はPiemonte州のTorinoが発祥の、白ワインにニガヨモギなどの生薬を混合して造るフレーヴァードワインのことです。

 

【問題7】基礎的なDOCG

Veneto州において、Garganega種を主要品種とし、白のスティルワインのみの生産が可能なD.O.C.G.を1つ選んでください。

①Soave

②Soave Superiore

③Recioto di Soave

④Recioto di Gambellara

 

クリックで回答と解説を表示!

②のSoave Superiore(ソアーヴェ・スペリオーレ)が正解です。

①~④のワインはすべてGarganega(ガルガネガ)種を主要品種としていますが、①のSoave(ソアーヴェ)はD.O.C.ワインで辛口白、発泡白の生産が可能です。

③のRecioto di Soave(レチョート・ディ・ソアーヴェ)と④のRecioto di Gambellara(レチョート・ディ・ガンベッラーラ)は甘口の白、発泡白の生産が可能です。

 

【問題8】基礎的なDOCG

Veneto州において、D.O.C.G.Colli Asolani Proseccoの主要ブドウ品種を1つ選んでください。

①Pinot Noir

②Garganega

③Glera

④Chardonnay

 

クリックで回答と解説を表示!

③のGlera(グレーラ)が正解です。

グレーラ種は以前、プロセッコと呼ばれていた白ブドウです。古代ローマで有名だったプルチムスが祖先ではないかと言われています

 

【問題9】基礎的なDOCG

Veneto州において、D.O.C.G. Bardolino Superioreの主要ブドウ品種を1つ選んでください。

①グレーラ

②コルヴィーナ

③タイ

④ガルガネガ

 

クリックで回答と解説を表示!

②のコルヴィーナが正解です。

コルヴィーナはヴェネト州を代表する黒ブドウ品種です。

チェリーの香りと適度な酸そしてタンニンが特徴です。

なお、Valpolicella(ヴァルポリチェッラ)もBardolino(バルドリーノ)と同様に、コルヴィーナ種を主体としたワインです。

 

【問題10】ヴェネト州のチーズ

Veneto州で生産されるチーズをを1つ選んでください。

①Asiago

②Castelmagno

③Gorgonzora

④Taleggio

 

クリックで回答と解説を表示!

①のAsiago(アジアーゴ)が正解です。

乳種は牛、半加熱圧搾タイプのチーズです。②はピエモンテ州、③と④はロンバルディア州のチーズです。